2018年4月29日 MacBook Pro 2014

MacBook Proの次をどうしようか

2014年に購入したMacBook Proのスピードが落ちてきている

自宅で使っているMacBook Pro、外でモバイル用途に使っているMacBook。前者は2014年に購入しているから5年目に突入、その1年後に購入したMacBookは4年目に突入している。
年が経るにつれて、順当に性能低下が見られる。バッテリー持続時間の減少、冷却ファンが回転を始めるまでの短時間化、動作が遅くなるなどの症状が出ている。MacBook Proの方を代替しようかどうしようか、迷っている。

実は最近のモバイル体制は、もっぱらiPad Pro 10.5に頼っており、下手をするとそれも面倒臭くて、iPhpone 6s Plusだけで済ませてしまうこともある。しかし、作業をしようと思えば最低でもiPad Pro 10.5の画面サイズが必要で、さらに作業性を考えると、できればMacBookが欲しくなる。
作業性とは、複数の作業をまたがって何かをやるとか、トラックパッドを使った文字や画像選択のやりやすさのことである。
作業性を犠牲にしたモバイル環境を構築しているうちに、怠け癖がついてきて、本来やるべきことをやらなくなってきているところがよろしくないと感じている。

MacBook Proとはいえ、2014年に購入したモデルだから、ファイルサイズの大きな画像の編集などをやっていると、動作が鈍いと感じることが多くなってきている。
意外と重いEvernoteアプリでは、目に見えて作業が止まる。アプリを開くまでの時間、同期が完了するまでの時間、変更を加えた後の動作などがきわめて遅い。
エクセルのように、日常的に使うアプリでも動作が非常に遅く、最悪の場合落ちる。5回に1回くらい落ちる。

MacBook Pro 2014
MacBook Pro 2014

1歳若いMacBookは、体感的な速度感という点では、上位モデルであるはずのMacBook Pro 2014と遜色がない。
劣るのはバッテリーの持続時間と、4年経っても慣れない薄すぎるキーボードだ(キーボードの方は現行モデルになって改善されているらしい)。
それから画面サイズも、MacBook Proの13インチに対してMacBookでは12インチに落とされている。比較すると、気になる差である。
Evernoteとエクセルは、MacBookの方では比較的快適に使える。

MacBook Pro 2016
MacBook Pro 2016

モバイル環境はいいとして、自宅の環境をリプレースする選択肢としてはいくつかある。

  • このまま、MacBook ProとMacBookを並行して利用する
  • 自宅でもモバイルでも、MacBookで済ませてしまう
  • MacBookとiPad Pro 10.5を、自宅とモバイルで使う
  • MacBook Proを2014から2017に切り替え、MacBookとの2台体制をアップデートする
  • MacBook Pro2014から、2017モデルに切り替えた場合、気になる点がいくつかある。

  • Thunderbolt3/USB-Cポートしかない
  • キーボードがバタフライになってしまう
  • もし、買い換えるとしたら13インチのタッチバーなしだから、ポートは2つになる。
    2つあれば十分な使い方をしているけれど、そもそもSDカードや普通のUSBがないのは、致命的に不便な気がしている。
    MacBookの時には、「MacBook Pro2014と並存」「モバイル限定」という二つの前提条件があったので気にせず購入したけれど、生態系丸ごとThunderboltになってしまうのは、懸念点。

    バタフライキーボードは慣れの問題なのかもしれないのだが。
    MacBook Pro 2014のペチペチした感触が、結構気に入っているだけに、これも乗り換えにあたっての高い心理的ハードルになっている。
    「従来のシザー構造よりもキーの安定性が4倍向上」しているのが、新型バタフライキーボードの売りらしいけれど、あまり刺さらない。
    多分、MacBookの初代バタフライキーボードの打ちにくさがトラウマになってしまっているのではないかと思っている。
    自宅でのコンピューター環境が早くなるというのは、結構重要な事であり、5年というのはIT環境を考えるときの一つの償却期間の目安にしているところがあるから、いいタイミングではある。

    MacBook ProとiPad Pro 10.5の比較
    MacBook ProとiPad Pro 10.5の比較

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です