2017年9月26日 Vortex Core Keyboard

Vortex Core Keyboardを使いはじめて1週間

小さなメカニカルキーボード

発表と同時に心を撃ち抜かれたVortex Coreキーボードがついに手元に届いた。
想像以上に小さくて、想像以上に質感が高くて、想像以上に使いにくかった。。。でも想像以上にかっこよかった。
1週間ほど使ってみた感想をレポートする。

Vortex Core Keyboard
Vortex Core Keyboard

気に入ったところ1

何といってもそのデザイン。小ささ、色使い、マテリアルの使い分け、キー配列の文字プリント、メカニカルキーボードであるという成り立ち。これだけ高い次元で融合するプロダクトというのはなかなかないのではないかと思う。事前に同社のウェブサイトで見ていた画像と比べて、実物の方がより優れている。
デザイン優先で作られているところが散見されるため、それによって多少のユーザビリティが犠牲にされている。例えば通常FとJキーの上につけられている、ホームポジションを示すポッチがない。ただしこれは、キーボード全体が小さいのでホームポジションに指を置いたままほぼ全てのキーに指が届くので、ホームから出て行ったり帰ってきたりする必要がそもそもないために、存在意義が薄い。だから取ってしまえ、というフィロソフィーなのかもしれない。

Vortex Core Keyboard
FキーとJキーの上に、ホームポジションを示すポッチがない

気に入ったところ2

デフォルトとは別にレイヤーを三つ設定でき、それぞれにキーボード単体でキーリマップができる。一部できないキーもあるが、この機能によってよく使うキーを、よく使う位置に移動したりすることができる。小さなキーボードなので配置されているキーも最小限になっている。具体的には47キーしかない。アルファベットの26を引くとあとは21しか残らない。この中で記号キー、数字キー、機能キーを割り振らなくてはいけないので、どうしても配置が窮屈になる。結果的にほとんどのキーが、組み合わせでの押下によって必要な結果を得るような仕組みになっている。例えばデフォルトではFn1キーと;(セミコロン)キーを押すことで、日本語でよく使う長音記号の横棒を表示させるようになっている。

Vortex Core Keyboard
レイヤーの選択状態が、青、緑、赤のLEDで表示される。

イマイチなところ

細かいところの仕上げが、1万円越えのキーボードとしては残念だなと思う。
例えばキーパーツのバリ取りが全然されていないところ。このキーボードはベゼルレスのすっきりしたデザインが売りの一つだから、横からキーが丸見えになっている。その見える場所の処理が結構雑で、真上から見たときの美しさとは対照的に醜い。

Vortex Core Keyboard
樹脂パーツのバリ取りがなされていないので、横から見たときに汚い。

Vortex Core Keyboard
接続は一般的なmicro USBが使える

使い心地はどうか

メカニカルキーボードである。中身はチェリーMXシリーズが使われているそうだ。赤、青、茶、クリアから選べるようになっている。自分が別に使っているキーボードは赤軸なので、今回も赤軸の購入を検討したが残念ながら在庫切れ。唯一残っていたクリア軸を選んだ。これは押下重量が65Gと重い部類に入るので、使いはじめてしばらくの間はかなり違和感があった。赤軸がリニアと言って線形の力で押し込めるのに対して、クリアは押している途中にコリッとした感触があり、さらにそこからボトムまで押し込む2段階の感触であることも違和感の元になっていたと思われる。
しかしその違いも1週間ほど使い込んでみると、すぐに慣れてきた。これはこれで悪くない。赤軸がカチャカチャという軽快な音を立てるのに対してこちらのクリア軸は、コトコトという重厚な音になっている。

まとめ

慣れるまでにはもう少し時間がかかりそうだ。特に方向キーとShiftキーを組み合わせた範囲選択や数字、記号キーなどはほとんどが合わせ押しなので、その組み合わせや指の動かし方に癖がある。家でリラックスして使う時にはそこまでスピードは求めないし、ゆったり手元をカンニングしながら気持ちよくタイピングできるフィーリングは悪くない。
有線キーボードは配線がきになるかと思ったが今のところそれほどでもない。汎用的なmicro USBなので気に入った色やデザインのものがいくらでも手に入るで、気持ちよく使える。
クリア軸は確かに重いのだが、こちらも最初の使い込みで機械的なフリクションはだいぶ解消して、引っかかるような感じは皆無になった。もともと強めにタイピングするタイプの人間だったから、こちらもおいおい慣れてくることと思う。

Vortex Core Keyboard
Vortex Core Keyboard

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です