あなたは週に1500回もスマホをいじっている

「NATURE FIX 自然が最高の脳をつくる 最新科学でわかった創造性と幸福感の高め方」という本を読んでいたら、気になる記述があった。いわく、現代人は週に1500回もスマホをチェックし、iPhoneユーザーに至っては、Androidユーザーよりも1日26分も余計にスマホをいじっているという調査結果があるそうだ。

グダグダと、スマホやiPad Pro 10.5をいじってすごしている

仕事から早く帰ってくる。夕食も簡単に済ませて、就寝までは好きなことをやっていいリラックスタイムだ。読みたい本もたくさんある、散歩もしたほうがいいなと思っている。将来のあれこれやビジネスプロジェクトについて、考え事をするのも大好きだ。
それなのに、気がついたらYoutubeで大して役にも立たない動画を見ながら寝落ちしていたり、本を読むはずがAmazonでひみつ道具的なガジェットを買うでもなく見て寝る時間になっていたりすることが多々ある。

この本を読んでいたら、現代人は週に1500回もスマホをいじっているのだそうだ。
起きている時間を1日16時間、週に112時間とすると、1時間に13.3回も触っていることになる。約4分に1回はいじっていることだから、よくよく考えると異常という他ない。

このままスマホに支配されるのか

個人的には、テクノロジー推進派だ。大好きだし、なんでも技術がなんとかしてくれると思っている節がある。仕事が早く終わるのも、新聞受けまで歩いていかなくても朝新聞が読めるのも、近所の電気屋に売っていない不思議なガジェットが買えるのも、遠く離れた家族の近況が手に取るようにわかるのも、全てテクノロジーのおかげだと思っている。
これから先、いろいろな技術が入ってきて、人間の生活もだんだんと、かつ激しく変化するだろう。その意味では、スマホを使えない、テクノロジーを排除するという選択肢は自分の中ではありえない。
けれども、やっぱり1時間に13回以上もスマホをいじっているというのは、きちんと心を整理して考え事ができていないということに他ならないし、長い目で見ればきちんとまとまった時間をとって、体系的に物事を考えられないということは致命的だなと感じ始めている。

生活習慣を見直す時期に来ている

そういうわけで、自分の生活を見直してみようと思う。
On deviceの時間と、Off deviceの時間を整理し、それぞれの時間の長さを決めて、その時間の中では何をしたいのか、何をやっておいたほうがいいのかをリストする。
この本を読んだからではないが、運動不足というか、外に出て新鮮な空気を吸い、綺麗な景色を眺め鳥や葉ずれの音に耳をすませるような時間を、ここ数年意識的に持ったことがなかったなと反省している。
ガジェットのある生活は楽しいが、それに支配されてしまう生活は嫌だ。

Cabin Zero Back pack

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です